Atelier+S   ・note 2006
  ・note 2007
  ・note 2008
  ・note 2009
  ・note 2010
  note 2017 ・note 2011
    ・note 2012
    ・note 2013
    ・note 2014
home   ・note 2015
    ・note 2016

 

早くも、年の瀬〜。。。
年賀状、買ってはあるけど、素材をまだ何も用意できてない。
大掃除は、もうや〜らないっと。

事後報告となってしまいましたが、web shopは一度closeさせていただきました。
また来年、気持ちも作品も新たにオープンしようと思います。

上の写真(鍋つかみとがま口)は、職場でもある櫻茶屋に納品して、ただいま並んでいるもの。
他にも色とりどりのシンプルなコースターが並んでいます。
今日はお店は定休日。1月1日だけがお休みで、あとは木曜の定休日以外、年末年始毎日営業しています。

私はというと、いつも通りほぼ毎日仕事に行っていて、高校生の長男は午前中は学校の補習授業、午後は部活なので、冬休みと言えど、毎日お弁当を作っていて、なんだか冬休みになったような気がせず、年末年始感もとても薄い。
小学生の次男は、4泊5日のスキーキャンプに行っているので、お昼ごはんの準備という心配もなく、そんなことも年賀状を書かなくちゃ、という切羽詰まった感が薄らぐ原因があったりで。
でもさすがに、ちょっと焦ってきました。
年賀状、面倒だなあと思う反面、元気にしてるかなあ?と遠くから思う友人知人から届くそれはやはり楽しみなので、やめられない。そして、たいした枚数ではないので、宛名は手書きするのですが、それも一人ひとりをゆっくり思い出す、やっぱり大切な時間。
こちら上の画像、渋い色のbag2つは、徳島のhanonさんに先日納品させていただいたもの。
ダークカラーのロングコートが似合いそうだなあ、と思います。
写真(右)のは、小さなブローチ。
hanonさんでだけ販売させてもらっている、羽織って巻ける、ウールガーゼのジレにおまけのようにして付けさせていただいているブローチです。
ジレはいろいろなお色がありますが、ブローチもまたそれぞれ、いろいろなので、お客様の選ぶ楽しみにもなっているようです。
楽しいことの役に立てることが、とても嬉しい。
そんなジレはこの季節、hanonさんでとっても人気者のようです。
hanonさんのInstagramでとても素敵に紹介してくださっているので、もしよろしかったら覗いてみてくださいね。

今年も有り難いことに、いくつかのお店様からご依頼をいただいたのですが、今のところ、作品の販路を広げることができません。お声をかけてくださって、ありがとうございます。そしてすみません。

ちょっとやりたいこともあるんです。いつ実現するか分からないのですが、良い波がやってくるまで、夢を温めながら、こんな調子で待っていようと思っています。
まだ仕事や自分のことに邁進できる状態でもなく、遅かれ早かれ巣立っていく子どもたちとのささやかな時間も大切にしたいと思いますし。。。
まあそうは言っても、全然たいしたことも十分なこともできていなくて、ああ、時だけが過ぎてゆくなあ、と思うのですが、毎日毎日の他愛もない、当たり前のようなことが、あとあと大切な思い出の1つになっていくといいなあと願って。

今日はこれから妹と美味しいパンケーキを食べに行こうと思います。

今年も本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
dec.28

 

 

この度の、いつも気まぐれオープンのwebshop、ご覧くださったみなさま、オーダーのご連絡をくださったみなさま、お買い上げくださったみなさま、本当にありがとうございます。
連休の初日にあたるような日に、webshopをオープンするのは、とても久しぶりなのか?それともまさか初めてなのか?
平日に新作をアップすることが多いのですよね。

いつもご入金確認後すぐにお届けの手配をすることを、ひそかなモットーとしているのですが、今回発送方法が郵便局頼みのものばかりになったこともあって、早々にお振込みくださったお客様にも発送するのが休み明けの月曜日になりました。
なので、ご売約済(hold)の印を付けてから発送するまで少し間がありましたので、何かできないかなあと思い、前からぼんやりと構想にあったサシェを作ることにしました。
このたびのwebshopでお買い上げくださったbagと一緒にお届けさせていただきますね。

ちくちくのサシェの中には、イタリアのサンタ・マリア・ノヴェッラのポプリを詰めています。
独特のスパイシーで、ちょっと高貴な落ち着いたこの香りが、大好きなのです。
あ、でもうちの次男は「なに?このミントみたいな変な臭い。きらーい」と言っておりました。
ポプリを詰める作業をリビングでしていたので、その間プンプン香っていたときの話です。
まあ、子供うけする香りではないかもしれませんね。
我が家は勝手口に、犬のゲージ、ハムスター小屋があって、ちょっと動物臭いときがあるので、その臭い消しにと、このポプリを上の写真にちらっと写っている土器に入れて、置いています。
ポプリですが、中身はこんな感じ(写真・左)。葉っぱや、植物の実、蕾みたいなものが入っているんです。
そして袋から出したてのポプリは少し湿っています。
イタリアのフィレンツェの丘に自生する植物の実、葉や花びら、樹脂で作られているそうですよ。

このポプリをリネンの布に詰め込んだわけですが、ポプリ自体のオイルの含有量が高いので、しばらくは直接衣類には触れないようにしておいたほうがいいみたいです。色移りすることがあるそうです。
リネンは通気性がいいので、ポプリが乾いたあともしばらく香りを楽しんでいただけるかなあ、と思います。

bagにしのばせて、香り袋のように楽しんでいただけたらと思って作りました。
右の写真のように、ハンガーにかけて衣類やクローゼットに移る香りを楽しむのもいいかもしれませんし、好みがあるとは思いますが、革ひもなどを通して首飾りにするのもいいですね。。。
作りたてですので、しばらくはポプリのオイルが染みだしてくるかもしれません。乾くまで、お家のどこか、車内のどこかなどにぶらさげておいてもいいのかもしれません。

まだbagが2つほど残っていますので、今しばらくはwebshopをオープンしたままにさせていただきます。
そのうち一度クローズするか、布小物を追加でアップしようか、考え中です。
 
nov.8

 

 

今回の新作。シンプル、ということを意識したbag達。
普段いろいろな色を組み合わせてbagを作ることが多いのですが、今回は珍しく、久しぶりに、とてもシンプルなものを作りたくなりました。
シンプルだから、というわけではないけれど、このシンプルシリーズはとくに、一段と細かな針目で表現しています。
縫っても縫ってもなかなか進まない、というシリーズでもあります。
大きな針目だとワイルドに、細かな針目だと上品にまとまるような気がしています。

今回はシンプルなものばかりでいこう、と当初(夏の終わり、秋の始まり)は思っていたのですが、気温が涼しくなるにつれ、やっぱりちょっとカラフルな要素を取り入れたのも作りたくなりました。
色があるものも並べたほうが、私のweb上のこの小さなお店もぱっと楽しい雰囲気になりますね。

私のアトリエの白い壁に、今回の新作bag達が並んでいます。
その姿はなかなか可愛いくて、ずらりと壁を飾っていると、まるでお店みたいで、自己満足を味わったりもするのですが、
そうした雰囲気もウインドウ上で出せたらいいなあと考えながら、今回もレイアウトしてみました。

そして今回は発送方法の一部を見直しました。
今まで利用していた宅急便の「はこBOON」のサービスがなくなってしまったので、その代わりの発送方法として、ゆうパックを採用することに。
基本ゆうパックですが、場合によっては宅急便のクロネコヤマトで発送するかもしれません。
ゆうパックにしてもクロネコヤマトにしても、サイズが大きくなると送料もかさみますので、60サイズという一番小さなサイズに収まるよう、バッグも少し折り畳んで発送することになります。
発送する地域によって送料も変わるのですが、試験的に一律800円とし、北海道と沖縄だけは300円プラスさせていただいて1100円とさせていただきました。
しばらくこんな方法でやってみて、もっと良い方法があったら変更しようと思っています。

秋のwebshopに、がま口も用意したいと考えて準備を進めていました。が、出揃うのを待っていたら冬の足音が聞こえてきそうだったので、今回はbagだけアップさせていただくことにしました。
全て1点ものではありますが、10個ご用意しましたので、ゆっくりご覧いただければ、と思います。
ではでは、どうぞよろしくお願いいたします。

みなさま良い休日を...。
私は今日、明日と出勤。そろそろ仕事に行ってきま〜す。
 
nov.3

 

この週末も台風接近で、大雨でしたね。

先週末の台風接近の日の夕方、家の漏電ブレーカーが落ちてしまい、我が家は停電状態になりました。

実は、一年前、家の前の道路が冠水した大雨の日も、漏電ブレーカーが落ちて、停電状態になり、そのときは漏電ブレーカーが落ちたとは気付かずに、停電したと思い込んでしまっていました。あまりに復旧しないし、四国電力のHPを見ても、停電地区に該当していないので、おかしいな、と気付き、停電して3,4時間経ち、雨がすっかり上がった頃、ブレーカーのせいだと気付きました。ブレーカーを戻したら、復旧したので、その件はそのまま忘れてしまっていました。

そして、先週末、夕方突然真っ暗になり、テレビが消えました。ああ、ブレーカーだと今度は思い当たり、戻してみましたが、何度戻してもすぐに落ちてしまいます。これでは、お風呂も入れられず、ガスコンロもつけることができません。日曜日のため電気屋さんも呼べず、どうすればいいのか分からなかったので、暴風雨のなか、スマホの灯りを頼りに、とりあえず必要な荷物をまとめ、すぐ近くの実家に避難しました。

翌日朝一番に電気屋さんに来てもらって見てもらったのですが、おそらくどこか雨漏りしている箇所があり、そのせいで大雨のときに漏電ブレーカーが落ちるのだろうという結論に達しました。そして、その場所を特定するには、天井を剥がして探すような大掛かりな工事になるので、費用も時間もどれだけかかるか分からないと言われてしまったのです。なんと、なんと...。
漏電ブレーカーが落ちるので、火事になるようなことはないと思うし、ブレーカーが落ちたとき生活に困らないためのとりあえずの復旧方法も教えてもらい、このまま騙し騙し過ごし、どうしても困ったことになるようなら、そのとき考えるということになりました。

しかしながら、これは大雨になるたび、いつ漏電ブレーカーが落ちるのかとちょっとヒヤヒヤする心持ちになります。
今週末も大丈夫かなあと思いながら、新作をアップするべく、パソコンでの作業をしていました。突然の停電で一番困るのは、何と言ってもパソコン、です。

幸い、何事もなく雨が上がって、ホッとしているところ。

新作アップの作業もずいぶんはかどり、さてさて、いつアップしようかと考えています。


今回は、こちらnoteのほうで、プレビューしつつ、先に少し紹介させていただこうと思います。

写真左のバッグ達、実は色違いトリオです。

先に誕生したのが、赤い子です。
赤とピンクの組み合わせが好きで、ちょっと寒くなってくると作りたくなる色合せ。

昔(もうかれこれ20年近く前)、東京で会社勤めをしていた頃、コムデギャルソンで、大きな丸襟のついた、Aラインの、中綿入りの黒いロングコートを買いました。
とても気に入っていたのですが、会社勤めをやめ、子どもができると着る機会がなくなりました。
処分した記憶はないのですが、どこにいってしまったのか分からないあのコート。
ああ、あのコートに合わせて持ったら、きっとキュートに違いない!とイメージしながら作りました。

イメージ通りに仕上がって嬉しくなって、違う色でも作りたくなりました。

グリーン系、ブルー系、黄色☓グレー系、黒系、渋い中間色系、と作りたい色合せが思い浮かびます。
けれど、全部作る時間はなくて、今回はグリーン系と渋い中間色系で。
どちらもこれからの季節にしっくりくる雰囲気に仕上がりました。

赤と緑は存在感がありますので、小振りがさりげなくて可愛いと思ったので、小さめ。A4サイズの雑誌がちょうど入るくらいの大きさです。

渋い子は、かなり大きめです。
たくさん入りすぎて、重たくなってしまいそうなくらい大きめ。
肩に提げても、手に持ってもバランスがとれるような長さの持ち手にしました。

こちらの3つは、生地の組み合わせという点では色違いですが、ステッチは異なります。
共通している部分もありますが、1つ1つのバッグとじっくり向き合って、どこにどのようなステッチを入れたらもっと素敵に見えるか、考えながら縫い進めました。

新作アップは、来週、11月の最初の週の予定です♪

 
oct.29

 

上の写真は、Instagramに投稿したものの一部。
そして、次のwebshopにアップするbagの一部です。
あと1つ完成させたら、おしまい。やっと新作がアップできます。
10月には、と思っていたのですが、11月初め頃になりそうです。。。

今日は快晴の一日。全国的に晴れ。関東地方は、なんと16日ぶりの雨の降らない一日だったんだそうですね。

徳島も雲ひとつない青い青い空が気持ちのよい日で、カフェの仕事が休みだった私は、外に飛び出したくなるのをぐっとこらえて、仕上がりを待つbagを完成させたり、最後の洗いをかけたり、写真に撮ったり。
また週末頃、台風が接近するんですものね...。

雨の多い10月でしたが、11月からは良いお天気の日が多いと、テレビの天気予報で言っていました。
当たるといいなあ。。。

雨が多いと言えば、私の方も、10月は15日に予定していた次男の小学校の運動会が2度延期になり、先日火曜日にようやく開催。運動会の予定日は、延期になると3時間授業となり、代わりに月曜日が振替休日になってしまうので、なんだかなあ?という感じ。

なんだかなあ?と思うことと言えば、この度の運動会のこと。
最初の予定日も前々日くらいから天気が悪いという予報だったので、学校から、「もし天候不順の中で実施する場合でも、天候悪化を考慮し、進行を早め、午後1時過ぎに終了できるようにするので、お弁当の用意は必要ありません」との連絡がきたのです。
あらかじめ、お弁当は必要ないと決めてくれたのは、なんて気の利いた!無茶苦茶有り難い!と思ったのですが、個人種目の徒競走はとりやめて体育の授業中に行い、組体操も体操服が泥々に汚れるので行わないかもとの連絡に、ちょっとそれは「なんだかなあ?」「それってする意味あるのかなあ」と思ったのでした。
結果は、当初の予定日も、予備日も、朝からどっぷり雨だったので、早々に中止&延期が決まったのですけどね。
きっと運動会に振り回されたご家族、今月は全国的に多かったのではないでしょうか。
 
oct.26

 

9月もとうとう半ばを過ぎましたね。

私、実は只今自宅療養中です。

8月の終わりに、軽いぎっくり腰になりまして、4日ほど休養したのち、カフェの仕事に復帰したのです。
とは言っても、すっかり治りきったという感触でなはく、まだ油断禁物という感じでしたので、なるべく重いものは持たないようにしたり、仕事中は必ずコルセットを装着したりして、できる範囲で気をつけるようにしていました。

ところが2週間ちょっと経過したころ、また腰の具合がおかしくなったのです。
おかしくなるというのは、すたすた歩けないし、階段もとんとん登れないし、つまり、まあなんとか家事はこなせても、職場では何の役にも立たないという具合なのです。
またしても軽めのぎっくり腰。
無理して治りきらないうちに復帰したのがよくなかったのでしょうね。

今度は、どんな風に身体をねじっても全然痛くなくなるまで、復帰を待つということになり、かれこれ4日目。
お医者さんの話では、1週間もすればすっかりよくなるでしょう、とのこと。
とほほ。
そんなわけで、無理をしない範囲で布仕事をしたり、ごろごろしたり。
退屈。。。なんだか怠け者になってしまったような気分...。

写真(上)のバッグですが、この夏作って、徳島のhanonさんに納品したバッグの一部です。

今はwebshopに向けて、バッグを作っています。なにせ、自宅にこもらざるをえない状況なので。
今回の作品のテーマがあるとすると、シンプル。になりそうです。
細かい針目でもくもくと運針していますよ、ただいま。

こちらの画像の自転車は、夏休み、長男が買う気マンマンになっていたロードバイクです。

長男は高校へ自転車通学しています。
通っていた小学校より、中学校より、一番自宅から近いのが高校。
ママチャリでも一生懸命こげば、私でも5分ほどで到着します。

今通学に使っているのは、安物のなんちゃってロードバイク。
デザインはすこぶるお気に入りらしいのですが、ネットなんかで調べると、ロードバイクもどき、なんて書かれているので、
もどきじゃないロードバイクがほしいと言うのです。

まあ気持ちは分からなくはないけど、今の自転車もまだ乗れるのに、そんなに自転車ばかりどうするの?置くとこもないのに..とぼやく私を、ときどき自転車を探す旅に同行させるのです、車で。

買うのは長男です。高校入学のお祝いを祖父母からもらって貯金していて、そこから買うのです。
だから無茶苦茶慎重です。

今まで何度か見に連れて行かされたけど、値段との折り合いがつかず、買わないできました。

ところが、夏休み、出会ってしまったのです。
お値打ち自転車。破格のロードバイク、デザインも好み!
ずいぶん悩んで、もうよし買う!と決めそうになったのですが、そのお店にかっこいいペダルの在庫がありませんでした。なんとこちらの自転車はペダルが別売りなんだそうです。そしてカタログからかっこいいペダルを取り寄せようと思っても、くしくもときはお盆前。お盆明けまで発注できないとのこと。

高い買い物ですし、とりあえず1週間取り置きをさせてもらって、他の自転車屋さんを覗いたり、ついでにペダルも探すということで、目当ての自転車に商談中のタグを取り付けてもらって、お店をあとにしました。
そして、その翌日、私のシフトが休みだったので、またまた自転車屋を巡る旅に同行させられました。
さんざん自転車を見て、説明もきいて、値段交渉もして、考えて、迷って...。どうやら長男はちょっと疲れてしまったようです。「なんか、分からなくなった...。」って。

初めて自分が買う高い買い物ですものね。

その後私は、自転車のお取り置きの期限が来るまで仕事だったので、自転車屋さんツアーに行くこともなかったのですが、取り置き期限の前日、長男が「やっぱり買うのやめる。」と。
今の自分に本当にこの高級ロードバイクが必要なのか?例えばこんなに良い自転車を買ったとして、部活(陸上部)もほとんど休みなくあるのに、それに乗って存分に楽しむ時間なんてあるのか?というところに行き着いたようでした。
なんだ...、賢いじゃん。
よかった、よかった。めでたし、めでたし。
というわけで、一件落着した、我が家の夏休みの騒動のほんの一コマ。

高い買い物は即決しないで、ちょっと考える期間をおいたほうがいいんだな、ということが分かったかな〜?

そんな、すったもんだの毎日。
 
sep.19

 

 

8月の初め、以前から心待ちにしていた展示が、実家のカフェの2階の櫻ギャラリーでありました。
画家・山口一郎さんのアートの展示です。

一郎さんの絵を初めて知ったのは、東京のDEE'S HALLから送られてきたDMでした。
好きだなあ、と思ったけれど見に行けませんでした。

次に、お隣の香川県のお店shop moさんで個展があるのを知りました。mo さんは、ちょうど何ヶ月後かに、私もbagの展示をすることが決まっていたお店で、香川県なら行ける!母もきっと好きだと思うから誘って一緒に行こう!と思っていたのですが、クリスマス前という時期で、母は仕事がとても忙しく、疲れているようだったので、結局言い出せず、見に行けませんでした。
一人でも行けば良かったかな、とちょっと後悔したものです。

そして、春、moさんでbagの展示をさせてもらうにあたり私も在店することになり、このとき初めてmoさんに伺うことができました。一郎さんの個展を見に行きたかったけど行けなかったという話をすると、お店に置くために預かっている絵が幾つかあると聞き、そのうちの1つを譲っていただきました。
これが初めて私が買った一郎さんの絵、でした。

その後、徳島でも展示があったり、やはり香川県のマチのシューレで個展があったり、再びmoさんで個展もあったりで、私の一郎さんの絵のコレクションが一枚ずつ増えていったのです。

思ったとおり、母も一郎さんの絵をとても気に入ってしまって、母はすぐに一郎さんとも仲良くなって、今回の櫻ギャラリーでの個展が実現したのでした。まわりくどい話になってしまいましたが、そういうわけです。

櫻ギャラリーは、天井が高くて、ピクチャーレールもたくさんあって、絵を展示するのにもってこいの場所。
たくさんのお客様が来てくださいました。
絵も本当にたくさんあったので、皆さまどれにするか迷われて、期間中、2度3度と足を運ばれてこれという一枚を選ばれる方もいらっしゃいました。
櫻ギャラリーは貸しギャラリーなので、期間中はずっと一郎さんご自身が接客も販売もされます。いつ来ても一郎さんがいらっしゃる。
そして一郎さんはギャラリーの床に板を置いて、絵を買われたお客様にその場で即興で描いた絵をプレゼントされていました。
なんというサプライズ!皆さまそれはそれは本当に嬉しそうで、またここでしてくださいねという声もたくさんいただきました。
そんな大盛況だった一郎さんの個展でしたが、会期の半ば、台風がやってきて、階下の櫻茶屋は臨時休業なのに、2階の櫻ギャラリーだけ開いている、という日が一日だけありました。
上の画像の絵(左)は、その台風の日に一郎さんがギャラリーでもくもくと描いたもの。翌日着色したものが右の画像。
というわけで、私は毎日のようにギャラリーを覗きに行った人の一人です。
なんだかお祭り騒ぎのようで楽しかったなあ。
お越しくださったお客様、一郎さん、本当にありがとうございました。

さてさて、私が選んだ絵はというと、只今櫻茶屋に貸出中です。
お店の奥の、一番大きな壁のところにかかっています。
宜しければお茶でもしがてら、見に来てくださいね。
 
aug.19

 

 

 

 
jul.26

 



 

 


 

 


 

 


 







 

 



こちら(写真上)のは今日拾ってきたもの。
造形の面白さ、穴が開いてるところ、ヒビ割れ具合なんかも、いい感じ。
壁に飾ってもオモシロイかも。
平らな部分があるので、苔玉とか、ミニサイズのグリーンなんかも置けそうだなあ。
試しにヨットのオブジェを飾ってみたり。
ヨットのオブジェは香川県の画家イワサトミキさん作。そうそう、3月1日から徳島のバンサンでイワサトさんの個展があるんだった。
見に行きたいなあ、と思っています。

3月初旬には、Atelier+S 今年最初のweb shopをオープンする予定です。
渋色の波が私のなかにやって来たので、今回は渋い色のバッグが中心になりそう。
ああでもこの頃になって、春らしいのも作りたくなるなあ、という春めいた風の吹く日もありますね。
さあ、どうしようかな。
オープンの日がはっきり予定できましたら、またお知らせさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。