Atelier +S

 note 2008
home

今年のクリスマス・イブ、寒いですね〜。
息子は朝、ぱちっと目覚め、朝からハイテンション。「今日の夜はサンタさんが来る〜っ、楽しみで眠れないっーー!」と。無邪気でけっこうなこと。
私は息子が学校に行っている間に、せっせとbag作り。
4月のお誕生日にね、と約束していたウルトラマンエースとバルタン星人のbag、あんまり待たせても...と思って、ママからのクリスマスプレゼントにしようと思います。
なんだか子供が描いた絵みたいになったけど、けっこう苦労しました。
今日の夜仕上げて、明日渡そうかな。サンタさんからもらったプレゼントの興奮が冷めてきたころに。

dec.24

 

かんかんbag、第2号。
息子の誕生日に作った第1号のを見て、お友達に頼まれて作りました。
彼女にも同じ年頃の息子がいる。やっぱり電車好き。
息子も私がかばんを提げて、出かける素振りを見せると「かんかんバッグッ...」と言って、かばんを首からぶら下げます。斜めがけなんだけどな...。
どこかに出かけたとき、知らないお姉さんから「かわいい!」とバッグを褒められてから、やたら持って出かけたがるようになった気がする。彼も男、だ。
12月はのんびりしよう!と思っていたけど、ここ最近、そんなご注文や、急に思い立って、委託先のお店に納品する作品をせっせこ作っていて、とても忙しくしていました。今日やっと福岡の工房流木人さんへの納品分の発送を済ませて、一息ついたという感じ。
27日から実家に帰省します。それまでには年賀状を出してしまわなければ...。素材だけ用意していてすっかり安心してしまっていました。まだ何もしてないのに...。
そんなところへ、実家の母から電話が。「帰ってくるときにエプロン3着ほど作ってきて」と頼まれ、「お店になべつかみとかランチョンマットとか置いてみる?作って持って帰っておいで。」と。お店、というのは実家はカフェをやっています。櫻茶屋、といいます。場所は徳島県です。そのお店、です。小さなコーナーに、贈り物用のコーヒー豆や紅茶なんかを並べていて、そこにひっそり置かせてもらえることになりました。
お近くにお越しの方はぜひぜひお茶しに来ていただけると嬉しいです。
そんなわけで、私の12月はのんびり計画、あえなく、いえいえ有り難いことに、失敗です。

dec.19

 

先週末、吉祥寺、西荻窪がおもしろかった。
tatinでチーズケーキ、紅玉のタルト(写真)を買って(家でお留守番の夫と息子達へのお土産です)、ギャラリーfeveへ。前から気になっていたDOOR&BOOKの個展。ミシンステッチで独特の表情を出したbag。受注制作だったので1つお願いしてきました。こういうのも作りたい。ちょっと私らしくステッチをプラスしたりするとどうだろう...。
寄り道したいお店はたくさんあるけど、さぁ次は私の中でその日最も熱い西荻へ。
無相創、魯山、ブリキ星、3軒の古道具屋さんで始まる企画展へ。いっぱい見て、いろいろ迷ってお買い物。
やっぱり古道具屋巡りはやめられない。

新作のアップですが、今週日曜日にと考えています。

nov.26

 

毎日すこぶる天気は良いですが、寒い日が続いています。
抜けるような青空で目を覚まし、洗濯を干し終わっては冷えきった体を熱いお茶で温め、自分の手を見てぞっ。
ハンドクリーム塗らなきゃやばいっ。そんな毎日。
ブックカバーを作りました。文庫本サイズ。
今月の新作アップは来週末(ぎりぎり11月?)になりそうです。詳しい日程はまた近いうちに...。
今回はbagを少し、小物を少し並べたいと思っています。

nov.21

 






ベランダの植木鉢のモミジ、うちに来てからそろそろ3年。ものすごく綺麗に紅葉しています。
こんなに見事な色を見せてくれるのは今年が初めて。
リビングの暖かな日だまりに座り、ごろごろしながら、太陽の光にキラキラ輝くモミジを眺めていると、ちょっと幸せ...。
あー温泉行きたいなぁ、紅葉の綺麗な山の近く。 昔夫と行った福島の温泉良かったなぁ、料理が美味しくて、美しい露天風呂があって、あそこの紅葉は素晴らしかった...。
でも今ったら、かわいいけどやんちゃ盛りの2歳のこの子と、あのやかましい騒々しすぎる7歳のお兄ちゃん.....、無理、ムリムリっ。しっとりした品の良い温泉宿は当分お預けかな。
でも、時々ふっとこんな風にも思います。きっと今は人生の中で最も幸せな時間の1つで、この騒々しい日々をずっと後になってから、とても懐かしく温かな気持ちで思い出すときがくるだろうなぁって。
ゆっくり食事なんて出来ないし、夕ご飯を終えて2人の息子をお風呂に入れると口もきけないくらい疲れるときがあるし、まだ夜の寝かしつけが必要だったりするけど、でもこの不自由な束縛を良かったなぁと思い返すときがくるだろうなぁと、涙が出そうになるくらい妙に感傷的な気分になったりするときがあります。

nov.19

 




先日息子の空手の昇級テストがあって、やっと次の級に上がることができました。
今までは初心者の白帯、次の階の黄色に帯の色が変わります。
一緒に習い始めた友達とみんなで合格できたらみんなでお祝いパーティーしよう、ということになっていたのですが、残念、みんな合格ということにはならなかったので、パーティーはお流れ。
それなら、家族でお祝いしよっかということで、お祝いのケーキを作ることに。
チョコレートケーキがいい!というので、ガトーショコラを焼きました。
なんかスペシャル感がないな、と思ってクッキーを飾ることを思いつき、せっせこ紙で型を作って、空手のポーズの形に焼こうと試みたのですが.....、焼いてる途中で電話が鳴り、うっかり話しを始めたために、ガーン、真っ黒に焦げてしまったぁっ〜。ショック〜...。
あぁっー!ママのせいだよ(楽しみにしてたのに)...、といじける息子。「ま、でも失敗は成功の元!」なんてもっともらしいことを言いつつ、なんとか残っていたクッキーのたねを寄せ集めて、伸ばして、1つだけ食べられるのを焼くことができました。ふぅっ、セーフ。
さらに残ったクッキーのたねで、息子が作ったステゴザウルス。私が作ったのよりいい、かわいい!
子供の自由な感性にはかないません。

nov.11

 


11月6日は下の息子の誕生日でした。2歳の。
誕生日プレゼントは何がいいだろう.....?
おもちゃはお兄ちゃんのがたぁくさんあります。
何か買ってあげるのは、自分からこれが欲しいって言えるようになってからでいいかな、と思いました。
今息子が大好きなものは、電車。電車を見ると「かんかん!」と指さしてずっと見たがります。
そうだ、電車がモチーフの刺し子bagをプレゼントしよう!と急に思いつき、作ってみました...。
息子が斜めがけにしてちょうど良い大きさの小さなバッグ。
2歳の子が見て「これは電車だ」と分かるように。
そして今日は2日遅れの誕生日パーティー。手作りのケーキを囲んで、ろうそく立てて。
平日はパパが帰ってくるのが遅いので、うちの誕生日会はいつも近くの週末です。
お誕生日おめでとうーー!じゃじゃーん!、見せたら、「かんかん!」と言って嬉しそう。
じっと見入っていました。
いつも布に絵を描いている感じでコラージュと刺し子をしています。
今回のは絵を描くという気持ちがいっそう強くて、大変だったけど楽しかった〜。
上の息子も「すごいっ!いいなぁ...。」と羨ましそうで、試しに「じゃ、8歳の誕生日プレゼントはかばんがいい?何か欲しいモノ買うのがいい?」と聞いてみたら「ママの作ったバッグ!」という答えが...。 あら、意外。
じゃ、ウルトラマンとバルタン星人で作ろうか!ということに。
電車より難しそう...、次回の誕生日は4月です。

nov.8


昨晩からやってきました、冬の足音。
暖かい10月だったけれど、今日は起きたときからちょっと違ってた。
いそいそと今まで必要なかったウールのものを出してきて衣替え。半袖はもう閉まっちゃお。タートルくん、出番だよ。
お家の中も冬支度。
昨日出してきたクリスマスツリーに毛糸で編んだオーナメントを飾ったら、お部屋の中もちょっと温かな雰囲気に変わりました。

oct.30

 





小さな鉄の匙とボタン、白い土偶のような...。

薄曇り、ちょっと涼しくて、ストール巻いて出かけよう。小雨もパラリ、折り畳み傘さして行こう。
今日は前からずっと楽しみにしていた「もみじ市」に行ってきました。音楽あり、美味しいものあり、素敵な雑貨あり、年に2回の楽しいイベント 。
夫と息子は春に行われた「花市」に一緒に行って懲りたらしく、今日はお家でお留守番。懲りた、というのは、何と言っても密かにとても人気のあるイベントなので、すごいんです、人が。 入場するにも開始時間間際には行列、食べ物系を買うにも行列、パン、お菓子系はすぐに売り切れ、で懲りたってわけ、夫はね。
私は懲りずに張り切って出かけ、並びました。始まりの15分くらい前に着いたら、すでに行列。やっぱりね。
会場の地図を買って、まずどのお店に向かうか狙いを絞る。最初は売り切れ必須のパン、お菓子に並ぼうか。
雑貨は昨日から始まっていることもあって良いものはもうないかもしれない、それにどのみちそれは縁、出会いのものだしね。
というわけで、前から気になっていたお菓子屋さん、「ひなた焼菓子店」のお菓子のセット買えました。あとは他のお店でレモン酵母のパンとか、ベーグルとか、並んで、待って。でもこれで十分、家族への嬉しいお土産です。
別に並ぶのが好きではないのですが、並んだ末に買うことができると妙な達成感があります。どのお店もたった1人、もしくは家族だけで丁寧に作っている、そんな秘密にしておきたいような小さな、でも秘かな人気店ばかりが出店しているので、すぐに売り切れてしまうんですよね。でもそういうお店ばかりが一度に集うというところが魅力的すぎて...。子供も夫もいないので今日はなんの気兼ねもなく並べました。
本当は息子にもいろいろな物を見てもらいたいんですけど、どうやらすでに私の買い物に付き合うのは懲りた様子。寂しいことにさほど興味もなく、関心事といえば近所の友達と遊ぶことに尽きるという感じで...。元気で活発なのがとりえの7歳のいたって普通の男の子なので、まぁ仕方ないか...。
あとはゆっくりといろいろなお店を見て回って、お気に入りを見つけました。見る人によってはもしかするとガラクタにしか見えないかもしれない。でもこういうの、大好き。どこに置いて飾ろう...。

oct.26


 



金曜日の新作UPには、たくさんのお客様にご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
ご注文をいただきましてとても有り難く思っています。
それから、saleのバッグにはご注文が重なりまして、お断りするしかなかったお客様、ごめんなさい。
まだ他にもかわいいbag残っています。引き続き、お楽しみいただけたら嬉しいです。

この頃は家の中にこもっているには、もったいないくらいの爽やかな天気が続いていますね。
昨日は千葉で開かれている
「工房からの風」というクラフト市に行ってきました。
青空の下、厳選された作家さんの素敵な手作りのものがた〜くさん並んでいて、ワクワク、ワクワク...。
すごく人気だった柿渋染めのbag、どの形にするかさんざん迷って、左の写真の形のを買いました。柿渋と金属を反応させて染めているそうで、どのbagも何とも言えない風合いのある色です。そしてこのシワシワのラインが残っている感じ、大好き!この、きったない感じがなんとも美しいっ。小さめサイズのものは、お昼過ぎには売り切れていました。
それから、写真の小さな豆皿、本物のお菓子の型から型取りして作るらしくて、すごくかわいい。一見錆びた鉄のように見えるところがまたまたツボ。
他にもちょこちょこお買い物、ちょっと多かったかな?と思っていたお財布の中身がみるみるうちに...。
クラフト市、楽しいけれどキケンです。

oct.19

 

 

今日の東京地方はとても良いお天気。朝から洗濯して、お布団干して大忙し。
せっかくこんなに気持ちの良いお天気だから、ちびっ子を公園にも連れて行こう。
というわけで、おちびちゃんがお昼寝中の今が私の時間...。
写真のbag、去年も同じサイズのを1つ作りました。
あるとき友達が持っていたbagの形がかわいくて、「かわいい形!ちょっとサイズを測らせてもらっていい?」
それでこの形のbagが生まれました。
写真が小さいので写ってないけれど、赤い帆布の部分にもステッチを入れてあります。
実は、帆布に刺し子をするのはものすごくしんどいのです。終わった後、指に跡が出来てちょっと腫れます。痛いです。
でもこの思いきった横長の形を保つには、ベースに帆布のようなハリのある生地を持ってこないと難しいのです。
内布には厚手の帆布を使ってあります。縫製前に水洗いをしてあります。
帆布を買いに行ったとき、お店の人に「bagの内布に使いたいんだけど、帆布も一度水通ししたほうがいいんですよねぇ?
洗うと縮みますよね?」と聞いてみました。「そのまま作ってる人が多いと思うけど、私は帆布でバッグ作って洗ったらやっぱり縮んだわ。こだわるなら洗ってから作ったほうがいいかもねぇ。」ということでした。
私も、昔どこかでもらった帆布でできたエコバッグ、洗濯機で洗ったら一回りくらい縮んでしまって「えっ?」と思ったことがありました。
厚手の帆布は脱水が終わって洗濯機からだしてみると、ごわごわしたシワが。ある程度乾いてからアイロンがけ。
私のアイロンの威力が弱いのか、シワは完全には消えません。でもそのシワがかえって良い感じ。
私は本当はアイロンかける前のシワシワくらいのが好き。でもシワシワのままだと裁断しにくいので。
やっぱり一度洗ったほうが、手触りも自然な感じです。

明日の夕方までには新作をプレビューしたいと思っています。
制作にまつわる裏話、今回はこれにて...。
新作bag、紹介していないものがまだいくつかあります。
明日のプレビューを楽しみにしていただけると、幸いです。

oct.16

 

新作bagのお知らせ、その"2"。
今回は黒いお色のbagが多いのです。黒いbagが好きで、自分が持つには...。
特に冬は着るものも黒が多くなります。
でも、黒い色のもの、写真に撮るのがすごーく難しい。とくに黒い生地に黒でステッチをしたものは難しい。
ステッチを写すのを優先させると、白っぽく浮いて、生地の本来の色が写せない。
生地の色を優先させると、ステッチは写らない。
何とか実物の風合いを出したくて、何度写真を撮り直したことか...。黒いものは軒並み撮影に時間がかかります。左の写真のbag、仕上がりのバッグのサイズの倍の生地を使って、くしゅっーと不規則なギャザーを寄せています。アバンギャルドな雰囲気でとても気に入っています。斜めがけができます。

oct.15

 

 

東京は降り始めた雨が今次第に強くなっています。
昨日はすごく気持ちの良いお天気。夫と息子が多摩川にハゼ釣りに出かけて、まぁまぁ大きくなったのを20匹以上釣って帰ってきました。
食べる!というので、仕方なく仕方なく、さばくことに。でもまだ生きてるのもいます。「ひえっ〜、生きてるぅ、できない〜!」と言うと、「生きてるうちにさばくから美味しいんだよー」と夫。「えー、でもかわいそう!」と言うと、「だからちゃんと食べてあげような、せっかく釣ったんだから、食べてあげないとかわいそうだもんな。魚は食べられるために生まれてきたんだから...」と夫、息子に諭す。
果たしてそうだろうか?と思いつつ、さばきながら、私の頭に浮かんだのは金子みすずの詩、大漁。

朝焼け小焼けだ大漁だ
おおば鰯の大漁だ
浜は祭りのようだけど
海のなかでは何万の鰯のとむらいするだろう

金子みすずの詩はとても優しくて、柔らか。こんな目で物事を見つめられたらなぁ、としみじみ思ってしまいます。
あ、肝心のハゼは、唐揚げになり、夕げの食卓へ。息子も夫もおいしい、おいしいと、あっという間に食べてしまいました。

写真のbag、新作です。青色のスエードの持ち手がポイントです。とてもきれいなブルーです。
写真が小さくて見えないのですが、グレーがかった生地の全面に白い糸で細かなクロスのステッチを走らせてあります。クロスのステッチは普通のステッチの倍の時間がかかります。細かいステッチだとなおさら。でも出来上がった小さな凹凸が、何とも言えないかわいい表情です。
持ち手がbag2つ分あったので、これを2つ作りました。
新作のアップは今週の金曜日。毎日noteで、ちょこっと紹介できたらと思っています。

oct.14

 


夕焼けだんだんと呼ばれている
このゆるやかな階段を下りれば
谷中ぎんざです。

今日は日暮里へお買い物。布を買いに、いつものお店へ...。
最初来たころは、あっちのお店、こっちのお店といろいろ見て回ったけれど、何度か通ううち、やっぱり気に入る生地を扱っているお店は決まってくるもので、ベビーカーをひいての今となっては身動きも取りづらいので、もうお目当てのいつものお店にだけ立ち寄って、必要な生地、ちらっと見て気になった生地だけをささっと買って、配送をお願いして、帰宅.....、ではあんまりつまらないので今日は初の試み、繊維問屋街とは反対方向の駅の改札にまわって、谷中ぎんざへ寄り道することにしました。
息子もベビーカーから降りて、あっちへトコトコ、こっちへトコトコ。
飴ちゃん買って、メンチカツ(名物らしい)買って、お豆腐屋さんで変わったがんも売ってたのでそれ買って、パン買って、で、絶対寄っていこうと決めていた、ショコラティエ・イナムラショウゾウへ。濃厚そうなチョコレートケーキを2種買い求めました。そこで時間切れ。
小学生の息子が2時前には帰ってくるので、もう電車に乗らなくちゃです。
なんだかんだと日暮里へは1時間くらいかかります。
帰宅後、腹ぺこの私と小さな息子は無言でメンチカツとご飯を頬張り...、最近多いな、このパターン。
おやつはお楽しみのチョコレートケーキ!美味しいっ〜、濃厚さがたまりません。珈琲とすごく合います〜。
日暮里来たとき、このコース、すごく良いかも...!今度は美味しいもの好きの友達誘って来てみよっ。

来週末あたり、お店に新作を並べる予定です。

oct.10

 


週末、近所の神社でお祭りがありました。なんと、650年祭!50年に一度開かれる大きなお祭り。
うちから歩いて5分もかからないところに、そんな歴史のある由緒正しい神社があります。
小さな神社ですが、木漏れ日が美しい境内で、ドラマの撮影にも時々使われています。
我が家も、七五三、初詣や厄除けなど、とてもお世話になっています。
それはさておき、その650年祭の行事の1つとして、土曜日、境内に設けられた仮設舞台で薪能がありました。
その催しの1つに地元の子供たちが参加する狂言があり、息子も出演することに。
「くさびら(きのこ)」という演目のもので、セリフは「ほいほい」というかけ声だけですが、
舞台での歩き方が独特で、ちょっとした練習が必要でした。
当日、舞台の上で一度だけのリハーサル。
本番までの待ち時間も長いし、大丈夫かなぁと冷や冷や、そわそわ。なんだか私の方も落ち着かない...。
夕方、薪の灯る厳かな雰囲気の中、始まりました。
くさびら、子供達の演技は全然完璧ではないんだけれど、それが初々しくて、面白くて、観客の笑いを誘っていました。
私も、今回初めてこうした日本の伝統芸能に触れることができ、息子のおかげでとても良い経験をすることができました。息子と、一緒にやらない?と声をかけてくれた友達に感謝、感謝です。
帰り道息子に、食べたくて食べたくて、でも衣装を身につけているため我慢しなければいけなかった、わたがし、おねだりされちゃいました。

oct.5

 

 

昨日、今日と気持ちの良い晴天が続いています。
今日は田園調布の「いちょう」という器屋さんでやっている企画展にぶらりと行ってみました。
染付と粉引がテーマの二人展。
行こうかな?どうしようかな?行ったらやっぱり買っちゃうんだろうな?と思いながら、
午前中駅前の歯医者さんまで行く用事があったので、そのまま...。
ふふふ、やっぱり買ってしまいました。ベビーカーに乗せた息子がぐずる前にささっと選んで...
なんて思って眺めていたら、おちびちゃん、あんぱんまんのおやつを握りしめたまま、いつの間にか夢の中。
おかげで、ゆっくりと選ぶことができました。
粉引の器は汁気のある主菜に重宝しそうな大きさ。もともと粉引の器はだ〜い好き。
染付のは、模様が1つとして同じものがなく、見ていてとても楽しい。ちょっと骨董品のような趣きもある 、
綺麗すぎない作りにも惹かれました。酢の物、和え物、煮物、餃子のたれを入れるのにも良い大きさです。
帰ってきて、早速食器棚の整理。器、大好きだから、どうしても増えていく。
過去に買った、ちょっと失敗だったなぁ(個性的すぎるのとか、案外使わない形のとか)と思うのは奥へ奥へと。
どうするっ?うちの食器棚!
物の少ないシンプルな暮らし、にも憧れますが、やっぱり物が好き。企画展巡りはやめられそうにありません。

oct.3

 


清々しいお天気、青山のDEE'S HALLでやってるササキミホ展へ行ってきました。
色がきれいで、絵の中には独特の空気感が流れていて、とても心地よい感じで、シンプルで素敵。
いいな、いいな.....。一番いいなと思った絵、黒い画面の中に静かに浮かび上がる白い椿が1つ.....。
先にいらしていたギンガムチェックのブラウスを着た素敵なおじさまが買っていかれました。
帰りにARIでマフィンを買ったよ。
小学生の息子が2時には帰宅するので、今日はランチする時間なし。
おうちでアイスコーヒーをいれて、いただきまぁす!
甘さ加減がちょうど良くて、生地も もさもさ してなくて、野性的な栗がゴロリ。
ほかには無花果のマフィン、柿のマフィン、バニラビーンズのマフィン、カレー味のマフィンを買いました。
こちらは明日の朝食に。
さて、今日の晩ご飯は何にしよっ。
豆腐ハンバーグ、坊ちゃんかぼちゃの煮物、お味噌汁.....あとは、サラダ、でいっかな.....。

sep.24

今日はお友達とお買い物とランチに二子玉川へ。
お店にはもうウールなどの冬のものが並んでいます。
買いた〜い衝動を抑えつつ...。エバゴスのbag、かわいかったぁ〜.....。でももし買ってどこに持っていくの? 近頃出かけるのはもっぱら公園、児童館。今日みたいに友達と出かけても、bagはたいていベビーカーに引っかけてる。エバゴスのbagは手に持っていたほうが断然素敵。やっぱ、諦めるか...。

我が家の次男、11月で2才になります。どこに行っても「今が一番かわいいときねぇ.....。」と言われます。ちょっとした仕草も、小さないたずらも、ほにゃにゃ語のおしゃべりも、甘えてくる感じも、確かにかわいい。2才を過ぎるととたんに赤ちゃんぽさが抜けて、おしゃべりも、することもしっかりしてきたりするから.....。
息子、もう一日家のなかではおさまりきらなくなってきました。
制作のペースはかなりダウンしています。でもこの仕事は私にとって欠けがえのない大切なもの。ぼちぼちだけれど、頑張りたい。
来週あたり少しですが新作をアップできそうです。

sep.12

長い夏休み(子供の)も明日でおしまい。
実家から帰ってきてからは家の掃除をしたり、子供の夏休みの宿題を手伝ったりして、のーんびり過ごしております。
子供の宿題はというと、ついに昨日までまったく手をつけていなかったものに、夏休みの毎日の日記がありました。その日の天気と出来事を記録するもの。
「どうする!?」「あー、先生におこられるぅぅっ〜.....」とうなだれる息子。
フッ、フッ、フ、まさかこんなことに役立つとは思ってもいなかったんだけど、2年前から私がつけている5年日記!息子の変わりゆく心の成長を記録しようと始めたものなので、記してあることはほとんど子供たちのこと。これのおかげで夏休みの宿題、完成です。

下の画像は新築した実家。
プライバシーの守られた中庭、薪ストーブのある長い廊下のような土間、坪庭へと出て行ける檜風呂のある浴室。すっごく素敵で、素敵すぎてみんな最初は落ち着かなかった。
でもだんだんなじんで、これから少しずつ自分らしい空間を作ってゆくのでしょう。また次ぎに帰るときが楽しみです
aug.30
「崖の上のポニョ」観てきました、子供たちと。
宮崎駿の映画を見るといつも思います。「私にも子供時代にこんな素敵なこと起こっていたらどんなに素晴らしかっただろう!」って。そう思うひと、結構多いのでは....。

今週の土曜日から2週間ほどの予定で実家に帰省します。
私の実家は四国の徳島県。お盆になると阿波踊りを観に県内外からたくさんの人がやって来ます。いつもは静かな町もこの4日間はざわざわと賑やかな雰囲気に包まれ、町のいたるところで踊り子の姿を見かけます。日が暮れ始めた頃、そろそろ踊りが始まります。町にはなんだかそわそわした空気が流れます。そんなこの季節の雰囲気を想うと、すごく郷愁を感じるんです、このごろ。
お近くにお住まいの方、興味がありましたら、是非一度阿波踊りをご覧下さい。ぜひぜひ本場の徳島で。阿波踊りのお囃子のあの独特のリズムは、うかれずにはいられない感じですよ。私は子供の頃、うかれてよく躍り出て行っていたそうです(覚えてないけど)。
実は今回の帰省にはとても楽しみにしていることがあります。
両親が家を新築したのです。土間のあるこだわり抜いた家だそうで、どんなに素敵か電話で自慢話しを時々長々とされます。なにせ家を建てたいと建築家と相談し始めてから3年。まだかまだかと待ちわびすぎるほど、待った家なのです。私も設計図を見てはなんだかんだと注文をつけたり、母の相談に乗ってきたりしたので、新しい家に対する思いもひとしお。8月5日が鍵の引き渡し日だったそうで、まさに引っ越したばかり。
上の息子もいつも以上に今回の帰省を「あと何回寝たら...?」と指折り数えて楽しみにしています。

aug.6

今回初めてshopに出した刺し子のbagの受注制作。
現物が手元に無くなったときのために「bag設計図」を書いておきました。どの生地を使い、どんな間隔でコラージュしているかを細かく書いてあります。この殴り書きのような設計図がなんだかちょっと気に入っています。
オーダー頂いたお客様、8月8日までには発送いたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。

今夜子供を寝かし付けていると、窓からそよそよフワッと入ってくる風が心地よく、その風に乗ってお囃子の音が聞こえてまいりました。
うちの近所には何故だか小さな神社がたくさんあって、今週末はこちら、来週末はあちらという具合に夏の夜には盆踊りが開かれます。小さなお祭りといった感じで夜店も出ます。時間になると子供達にお菓子やジュースが配られたりもします。
ま、それはさておき、うつらうつらとしている時に、お囃子の賑やかな音がかすかに響いてくるのは、なんだか風情があってとても良いものです。今日は窓を開けておくと、風がふわりと入ってくるのでなおさらでした。
下のおちびちゃんはその風でカーテンが大きく膨らむのが気になってなかなか眠れない様子。ふわっと膨らむたびに、はっと頭を起こして、カーテンの中に束の間できた空間に見入っていました。私は心地よく感じていましたが、きっと彼にはちょっと怖かったんだろうな...。 

aug.1

昨日4泊5日の宮古島への家族旅行から帰ってきました。
着いた日から帰る日まで、毎日海に潜ってシュノーケル三昧。
宮古島は去年も行ったので、何となく勝手が分かっていて行動しやすく、心残りなく楽しめました。
お気に入りのビーチがあるんです。どちらかと言えばマイナーなビーチばかりなのだけど(シャワーやトイレなどの設備無しだからかな)、岸のすぐ側に枝珊瑚の森が群生するビーチ、ニモで有名なクマノミがたくさん集まっているクマノミマンションと呼ばれている(ネットで)スポットがあるビーチなどなど。
海の中を覗いていると楽しくてついつい長居しすぎてしまいます。
夕方にはすっかり遊び疲れて、夕食をいただいて洗濯を済ませたら子供達と一緒におやすみなさ〜い。とても贅沢な時間でした。

そしてそして、7月の新作、これから写真を準備して、日曜日にはアップできそうです。今回は一部のbagを受注制作しようかなとも考えています。
写真のbag、小さめサイズの斜めがけバッグ。マチありタイプとマチなしタイプ(一応各1点もの)。お財布と携帯と他にちょこっと入れてのおでかけに便利なサイズです。7月の新作です。

いよいよ明日からは夏休み。プチ旅行や実家に帰省などイベント盛りだくさんなので、8月は新作のアップはできそうにありません。次々回は9月になると思います。20日の日曜日、お時間ありましたら、どうぞお店をご覧になってみてください。

jul.18

信じられないくらい青い海
週末、家にいても暑いので、家族でお買い物に出かけた。といっても子供たちが私の買い物に付き合うはずもなく、私だけ別行動。夫と子供達はおもちゃも売っている家電量販店へ。
洋服も、家電も、生鮮食品も、レストランも、いろいろ買うことができるショッピングセンター、家族で行くにはとっても便利。
私はカンペールでサンダル買っちゃいました。お出かけ用のサンダル欲しいなぁとずっと思っていたのです。
ソールがちょっと厚くて黒いエナメルがよそ行きの感じ。
もう1つ気に入ったのがあって、どちらにするか迷いました。履いてみてお店の中を歩く歩く。私、サンダルで靴擦れすること多いのです。素足で履くし、東京はとにかく歩くところ。履いてとにかく歩いてみて足に当たる部分の感触を確かめる。もう1つのは歩いているうちに靴擦れしそうな予感がしてきました。で、こっちに。セールしていたのでちょっぴりお買い得。
夫は水中の写真も撮れるデジカメ、買っていました。来週、去年も行った宮古島に家族旅行に行くことになっているのです。それに持って行きたいと企んでいたみたい。
なので7月の新作の
アップは旅行から帰ってきてから。来週の週末あたりになりそうです。
写真のbag、これから持ち手付け。バッグの形にしてから、持ち手の色、太さや長さを考えます。かわいいバランスになるように...。

jul.7

今日友達のお家で初めてまつ毛パーマ、かけてみた。
まつ毛パーマかけられる美容師さんが自宅まで来てくれるのです。
せっかくかけるのだから、かけたってハッキリ分かる感じでお願いします!と注文。終わってみると、ビューラーで丁寧に巻き上げたようなキレイなカール。お目目パッチリって感じ。
滅多にビューラー使わないんです。若い頃は毎日使っていた気がするけど、近頃はもう全然...。
学校から帰ってきた息子に「ねぇねぇ、お母さんの目見て!なんか違わない?」息子、「ホントだ、なんかいつもと違う。目がキラキラしてるよ!」「ねぇ、かわいい?」とますます調子に乗るバカな母。「うん、かわいい」と素直な息子。ありがとちゃん。
カールは2カ月くらいもたせたいと美容師さんは言っていた。

写真のbag、愛媛県にあるいつもお世話になっているギャラリーで7月から始まる企画展用に制作したもの。なぜか滅多に作らない、斜めがけと手提げの2way。ほか刺し子のbagを全部で5点出品します。DMをご希望の方は是非ご連絡くださいませ。

jun.27

先日ニュースで、スピード社の競泳用水着「レーザー・レーサー」の北京オリンピック公式デザインをコムデギャルソンの川久保玲が手がけることになった、というのを見ました。え?素敵!なるほど・・・とってもかっこいいデザイン。
日本用だけではなく、他にも約20カ国の選手のために色などを変えた水着を用意しているらしく、もしかして北京では世界中の選手がその水着を着るかもしれないとのこと。へぇー・・・それはますます楽しみ!です。
私、実はコムデギャルソン大好きなんです。あんなワクワクする服は他にはないって思うくらい。靴もbagも大好き!デザインはかなり奇抜なものもあるけど、縫製は素晴らしく、生地もとても上質。
ギャルソン好きの母の影響もあってコムデギャルソン歴は長く、そろそろ20年。もっとも近頃は本当に時々しか買わないけど。その理由は第一に子供に汚されたらかなわん!第二に普通の主婦がそうしょっちゅう買えるお値段ではないもの。でも見るだけでワクワクと心ときめくことが多いのです。
写真のブラウスはもうずいぶん前のギャルソンの。ボタンを合わせるところにまるでアフロヘアーのようなボンボンがぼちっと付いています。このちょっぴりへんてこな所がお気に入りの一着。
実は、本当にまだまだなのですが、そんなコムデギャルソンの服に持ってもおかしくないbagを作る!というのを目指してます。
イメージはあるんです。イラストレーターの大橋歩さん、とてもギャルソンを愛していらっしゃる、と私は思っているんですが、彼女はギャルソンの服に裂織りのbagを持ったりして、すごくお洒落で素敵だなと思います。その大橋歩さんに持っていただくイメージで作ってみたりします。
でもなかなか難しい!ナチュラルだったりカジュアルだったりの格好なら普通に似合いますが、ギャルソンの服に持つ、となると・・・。思い切りに欠けるのかしら?もっと大胆に?なんて日々試行錯誤。
語ってしまいましたが、bag作りにはそんなちょっと熱い思いがあるのでした。

jun.19

今日は小雨降る中、友達とおいしいもの巡りに代々木上原に行ってきました。
ドーナツが美味しいと評判のハリッツ。小さくてかわいらしい店構え。ショーケースに控えめにいろんな種類のドーナツが並んでいました。
今日のおやつ!とそのうちのいくつかをテイクアウト。
洋服見て、ランチして、他のパン屋さんにも寄って、時間が過ぎるのはあっという間。おっともう帰らなくっちゃ。
息子が学校からちょうど3時頃に帰宅します。
ドーナツは、冷めても全然油っこくなくて、生地に何とも言えない優しい味があり、しみじみとオイシイのです。息子もうまい!と2個も食べてしまいました。「ちょっと大丈夫?ばんごはん食べられる?」
切り分けてパパにも夕食のあとのおやつに残しておきましょ。

jun.12

お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、1ヶ月程前からトップページにアクセスカウンタを設けました。今まであまり気にしていなかったのですが、いったいどれくらいの人が Atelier+S のサイトを見てくれているんだろうと、ふと気になり始めたのです。
そして思っていた以上にたくさんの方が訪れてくださっているのが分かり、驚きもし、嬉しくもなり、励みにもなっています。
先日の新作アップの折にも、たくさんの方々にご覧いただきまして、有り難い気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます・・・。
またbagをお買い上げくださった方々、心よりありがとうございました。

庭に咲くヒペリカムの花。花が終わると実になって、ピンクがかった赤に色づきます。せっせと切ってはお家に飾ります。長持ちするのでいっぱい楽しめます。何にもしなくても年々株が大きくなる丈夫なお花。

jun.11

bag、いろいろ出来上がっています。
これから仕上げに洗いをかけます。生地とステッチした糸がなじんで、風合いが増すような気がするから。
週末日曜日にアップしたいと思っています。
今回は数が多め、7つの新作バッグを用意できそうです。たくさんの中からお気に入りを見つけていただけたら幸いです。
もし余裕があれば土曜日にプレビューしよう!とも思っています。
余裕があればの話しなのですが・・・。
どうぞよろしくお願いいたします。

jun.5

私ドラマ好きです。夜10時からのドラマはたいてい見ています。見ながら布にちくちくしたりします。それだけに集中しているときより、良い感じのゆがみが出るという効果もあったりします。あまりシリアスなのだと(ホカベンとかラストフレンズとか)完全に手が止まってしまうのですけど。
火曜日のドラマの「おせん」、いつもおせんさんの着物の組み合わせに素敵と思っています。なんてアバンギャルド!
着物は持っていないのだけど、こんな風に着こなせたら格好いいなぁと毎回釘付けです。
写真のbag、ちょっと分かりにくいですけど、チェックと水玉の組み合わせ。おせんさんの着こなし風?と勝手に思って気に入っています。6月の新作に並ぶ予定です。

may.29

フレンチを習っていた友達に、今日はお料理を教わりランチしてきました。
メニューは前菜に大根と蟹のサラダ、グリーンボールのスープ、メインが写真の牛肉に彩り野菜を巻いたオレンジソースがけ、デザートがグレープフルーツのジュレでした。
日頃お昼は家で昨日の夕飯の残りとか、うどんやおそばなどの麺もの、ご飯とお味噌汁、なんて質素な感じ。
みんなでにぎやかに料理をこしらえ、おしゃべりしながらいただく、今日はちょっと嬉しいお昼ご飯でした。

may.26

今日の東京はすごい暴風雨で朝を迎え、お昼の今も空はど〜んより曇っています。こんな日はお家でお仕事日和です。
日曜日、もう10年以上振りにディズニーランドへ行ってきました。ずっと東京に住んでいるというのに、7才の息子にとっては初ランド。
ま、どちらかと言えば私たち夫婦、人工的な場所より、自然の中に身をおくほうが好きなので、ついつい足が遠のいてしまって。
でも、子供が喜ぶ顔は見たいし、一度も行ったことがないという貴重な存在をいつまでも続けるのも・・・と思い、ふと気が向いたのでした。
ゴールデンウィーク明け、給料日前の日曜日は比較的空いてるというふれこみだったのだけど、すごぉく混んでました。人、人、人、人だらけ。
でも8時開園で、もちろん8時前に行き、20時半の花火が終わるまで、遊び倒して来ました。ファストパスを使って、しっかり希望の乗り物は全て制覇。途中、私が朝一で取ったファストパスを紛失!というアクシデントはありましたが。どうして、こううっかりしてるんだろう?と一瞬つくづく自分が嫌に。夫と息子からはしばらく責められましたし。でもいつまでもくよくよしても仕方がないので、ぱっと気を取り直して・・・。
下の息子にはまだ乗れない乗り物がたくさんあります。でも、私たちは乗りたい!そんな時に便利な交代乗り制度。大人が交代で下の子を見て、なんとお兄ちゃんは全然待たずに人気の乗り物に連続で乗れる。しかも係員の人がどこに乗りたい?一番前?なんて聞いてくれて、好きな場所に乗れる。秘密の部屋みたいな所を通って、そぉっと誘導してくれるんですね。夫が息子のことをうらやましがっていました。でも立て続けにジェットコースターを体験した息子はこう一言、「ディズニーランドはこわいところだねぇっ〜。」でもまた行きたいみたいですよ。

そうそう、先日ホームページを見た母から言われました。「あんたのnote、息子のことばっかりやなぁ。もっと他に書くことない?noteじゃなくて息子日記に変えたら?」すみませんっ、私自身ずっとそう思っていました。うわっ、今回も息子ネタ!って。でも今のところ子供が傍らにいない時間がなく、他に書くことがないのです。身内や、同じ年頃のお子さんがいる方にはそれなりに面白く読んでいただけるのかなぁとは思うのですが、そうでない方には退屈かも。まぁ、これが私の日常。日々のつぶやきと思って気長にお付き合いいただけると嬉しいです。

may20

月夜のシンデレラ城
こどもの日。
近所のお花屋さんで菖蒲を買ってきました。今夜は菖蒲湯です。
ゴールデンウイークだというのに東京はうすら寒くて、すっきりしない天気が続いてる。天気が良ければ、海に行って磯遊び、と思っていたのだけど、この天気。
子供達はといえば風邪気味でいまいち本調子じゃない。
だから、ま、いっか、とちょこっと買い物に出かけるくらいであとはお家でのんびり過ごしています。
お家の庭に咲いているたいつり草。
小さな株を買ってきて庭に植えたら、年々大きな株に育ってきて、たくさん花を咲かせてくれます。
とても個性的でかわいらしい花。
1つの茎に、ゆれるピアスのようにつきます。
しかも丈夫でたくましい。お気に入りです。

may.5

またまたシンプルな色でまとめた昔の「土間」みたいな感じの刺し子のbag作ってます。これは大きめバッグになる予定。
ちょっぴりカラフルなのも作ってます。
刺し子のバッグ、5つくらい、連休明けの金曜日にアップできたらなと考えています。

息子はただいま遠足へ。朝少し雨が降っていて微妙な天気なので延期かなぁと思いながら送り出しました。
顔を洗っていて、「ん?私おやつリュックに入れたっけ?」入れた気もするし、やっぱり入れてない気もする。急いで確認したらありゃー、やっぱり入れるの忘れてる!遠足におやつを忘れるほどショッキングなことってないよね。
帰ってきて、おやつが入ってなかったよ!と怒り泣きする息子の顔よぎる。
まだ間に合う。届けなくては!でも今日本当に遠足行くのかな?
息子たちは学校から家のすぐ近くの商店街を通って駅まで歩いて行く予定。遠足あるならそろそろ通りかかる頃。おやつ持って家出たら、最後の列が商店街を通って行くのが見えました。走る、走る。1年1組なので最前列。間に合いました。セーフ!歩いている息子のリュックにぽいっ。
早く気が付いて良かったよの巻でした。

may.2

先日は息子の7歳の誕生日でした。
学校のクラスの中でもいち早く7才になれて、友達からは「いいなぁ」と言われて、どうやら嬉しいみたい。
私も4月生まれなので、その小さな優越感みたいなものは分かる気がします。でも新しいクラスの友達とすっかり仲良くなったときは誕生日は終わっていて、4月が誕生日って・・どう?という気持ちになったことが多かったかな。女の子って、ほらプレゼント交換とかお誕生日会とか好きだから。
おばあちゃんからは素敵な地球儀が届きました。
私たちからは22インチの自転車をプレゼント。スピードメーターのような物がハンドルの真ん中に付いていて、それがかっこいい!と気に入って乗り回しています。今まで小さな自転車だったからスピードも格段にアップして、そのスピード感もたまらない様子。危なっかしいんですけど、男にとっての初めての車みたいなものかもしれない。
だんだんと覚えてくるお友達の名前も増えて、学校での出来事を聞くのが毎日のささやかな楽しみです。いつまでいろいろと話してくれるかな。

apr.25

週末、千葉の九十九里にある夫の友達のセカンドハウスに行ってきました。
海はけっこう波が高く、サーファーがたくさん楽しんでいました。
私サーフィンはやったことないですけど、海からとても清々しい顔をしてあがってくるサーファーがなんだかとてもまぶしく、かっこよく見えて、ちょっとやってみたくなりました。ストレス吹っ飛ばしたぞーって顔していて。
でも、日焼けが怖い、年齢的にも。しかも運動音痴なので、あざもいっぱい作りそう。若くはないのであざもなかなか消えてくれなかったりして。
と、現実的なことを考えると二の足を踏んでしまうのです。
息子たちがもう少し大きくなったら彼らに勧めたい、かな。

apr.15

うちの箱入り息子です。
息子が入る前はランドセルが入っていました。
春休み、ぜ〜んぜん仕事がはかどりません。
天気が良いと子供たちを外に連れて行ってあげようと思います。
外に行くと、この怖いモノ知らずの1歳児に付いてまわることになり、どっぷり疲れて帰ってきます。
家にいると上の息子がトランプしようとしつこく誘ってきます。
早く終われ〜、春休み・・・。
でも今回は、新一年生のお兄ちゃん、しばらくは午前中に帰ってくるようです。

mar.29

息子のたっての希望で、午前中ドラえもんの映画を見に行って、夕方買い物がてら近くの公園をお散歩。
桜がそこここで咲き始めています。
来週あたりお花見にちょうど良い頃合いになるのかも。
卒園した幼稚園のお友達と計画しています。

mar.26

今日息子が幼稚園最大のイベント、2泊3日のウインターキャンプから帰ってきました。
大雪だったそうで、初めてみる雪の山に大興奮だったようです。
私たちは、上の息子がいないと静かで、静かすぎて、何か物足りない感じ。いるとうるさいのに、一日の終わりに側にいない、始まりに側にいない、というのはなんだか寂しいのです。下の子もお兄ちゃんがいないと、夜はなかなか寝付きませんでした。
子供にとっても(?)、親にとっても、お互いの存在の大きさを改めて思い知る貴重な機会でした。

さて、来週3月5日から愛媛県のギャラリーで開かれるイベントに参加します。春を告げるやさしい小物がテーマ。
初めて布合わせと刺し子が楽しいスタイを作ってみました。お口拭きとセットにして巾着に入れて出品する予定です。他にもいろいろと小物をつくってみました。
いつも主にbagばかり作っています。こういう機会が与えられると新しいものを考えるきっかけになります。本当にありがたいこと。
イベントに合わせて、楽しい催しも開催されるようです。お近くの方はぜひ足を運んでいただけると幸いです。

feb.28

今日はとても嬉しいことがありました。
息子が初めて自分一人でサラダを作ったのです。
昨日子供向けの料理番組を見ていて、これなら自分もできる!と思ったらしく、「僕このサラダ作りたい!」と自ら申し出てきました。
材料も全部自分で切って、和えて。ちょっとハラハラしましたが、完成。
味見してみて「お〜いしいっ。」と。
いつもはブロッコリーなんて食べないのにね。
春らしい色合いのブロッコリーとゆで卵のサラダ。
ごちそうさま。そしてありがとう。

feb.10

朝一番に起きた息子が「ねぇ!雪が積もってるよっ!」と。
大きなぼたん雪がしんしんと降り続いています。
久し振りの雪だるまが作れるくらいの雪に息子は大喜び。
朝ご飯を食べて「ゲゲゲの鬼太郎」を見ると、パパと雪合戦へ。近所の子も外に出てきて、にぎやかな声が響いていました。
晩ご飯は毎年恒例の手巻き寿司。
豆はみんな年の数以上食べました。

feb.3

オーブンレンジがようやく我が家に戻ってきました。
1週間前、夫が夜帰ってきて夕食をチンしようとしたら、ブーと奇妙な音が鳴り、レンジは一見作動しているかのようなのですが、ちっとも温まらないのです。夕方まで使えていたのに。
買ってから3年と少し。もう買い換え!?とも思ったのですがメーカーの修理の人にみてもらうことにしました。
どうやら電子レンジの心臓部が壊れてしまったらしい。「費用はどれくらいかかるんですか?それによって修理するか買い換えるか決めたいんですけど」と尋ねますと、「これは修理は初めてですか?だったら無償でやります」とのこと。
いいの?ヤッタッー!でも保証期間を過ぎているのに、無償でなんておかしくない?
「もし費用がかかるとしたらどれくらい?」とさらに聞きますと、「3万円近くかかるかも」とのこと。
ふうーん・・・、なんか怪しいけど、ま、いいか、タダで修理してくれるのなら。
だが、しかし今部品が手に入らないので、部品を取り寄せて直すのに1週間ほどいただきたいと。じゃ、代替え品貸してもらえますか?というと、今全部出てしまっていてないんだそうな。
えぇっー!そんなぁ・・・。
結局レンジは持って帰って直してもらうこととなり、しばらく困った困ったと頭をかかえてしまいました。夫が帰ってきても、夕食をチンできない。子供の毎日のお弁当、定番メニューのチンしたご飯とチンしたハンバーグ。これもできない。いつもどれだけレンジに助けられていることか・・・。
それからの1週間夕食のメインは煮込み料理。ご飯はお鍋で蒸す。うちには炊飯ジャーがないので、ご飯の保温ができなくて。
そして今日はイギリスパンを焼いた。

jan.24

明日は雪になるらしい。う、寒っ。
ここのところ寒い日が続いています。
寒すぎても、暑すぎても出かけるのが億劫になってしまいます。
昨日は息子が春から通うことになる小学校の凧揚げ大会に行ってきました。
風は冷たかったけれど青空にたくさんの凧が泳ぎ、ちょっといい風景。
年末からお正月にかけて布仕事の手を休めて以来、休めっぱなし。
お正月は私の実家(徳島県)、先週末は連休を利用して夫の実家(愛知県)へ。東京からではどちらもちょっとした旅行です。
でも行ってしまえば、何をするでもなく、のんびり、ゆらゆら。
そんな過ごし癖が抜けきらないでいます。
そろそろエンジンかけないと・・・。
迎えつつある春を少し意識したもの、作りたいです。

jan.20

・2007 - note
・2006 - note